このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 0985-53-2600
受付時間:平日9:30~17:00

水谷もりひと&山本孝弘 講演会へ
特別ご招待

日本講演新聞を購読されたことがない方を、
魂の編集長&中部支局長の講演会へご招待いたします

【ご招待】参加申込フォーム

必要事項を記入後、送信完了されますと、後日、講演会の招待URLをお送りいたします。
※日本講演新聞を現在購読していない方が対象です。(過去にご購読いただいていた方でも大丈夫です)

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

講師紹介

水谷もりひと
日本講演新聞 魂の編集長
昭和34年生まれ。明治学院大学卒。
学生時代に東京都内の大学生と『国際文化新聞』を創刊し、初代編集長となる。
平成元年にUターン。
宮崎中央新聞社に入社し、平成4年に経営者から譲り受け、編集長となる。
29年間社説を書き続け、現在も魂の編集長として、心を揺さぶる社説を発信中。

著書
『心揺るがす新聞の社説』全4シリーズ、『心を揺るがす講演を読む』『子どもたちの心を揺るがす”すごい人”たち』等多数。近著に『心を揺るがす社説』がある。
山本孝弘
日本講演新聞 中部支局長
1970年 愛知県刈谷市生まれ。
愛知県豊橋市在住

20代の頃、ベトナム縦断の旅、アジア101日間放浪の旅をする。
その後、塾講師、小売業界を経験した後にアメリカに半年滞在。
帰国2年後から約15年間水道工事会社で営業社員として勤務。
平成27年からサラリーマンをしながらみやざき中央新聞(現、日本講演新聞)にコラムを書き始める。
好評を博し、会社を退社して執筆に専念。
現在はコラムと社説を執筆する傍ら、全国の小中学校、高校で生徒及びPTAを対象に講演活動を行う。
世の中に「心が温かくなる話」を伝えることで、身近なところから平和を広げる活動を展開中。

著書
『明日を笑顔に~晴れた日に木陰で読むエッセイ集~』
(㈱JDC出版)

日本講演新聞とは

日本講演新聞は全国各地の講演会を取材し
講師の許可をいただき、
その内容を掲載している情報紙です

これまでに掲載した講師とジャンル

人生・生涯・生き方
【中村文昭 氏】
変わりゆく時代に変わらないこと
【喜多川泰 氏】
未来を希望でうめて生きる
【アグネス・チャン 氏】
大切ないのちを守り、つなぐ
経営
【高野 登 氏】
思考のハイブリッドの時代へ
【青野慶久 氏】
サイボウズの新しい働き方
【高田 明 氏】
伝えることから始めよう
教育・子育て
【七田厚 氏】
自分大好きの育て方
【坪田信貴 氏】
意志あるところに道は開ける!
【池田清彦 氏】
少しの努力で 伸びる子を育てる
食・健康・医療
【服部幸應 氏】
食は文化
【今井一彰 氏】
あ・い・う・べぇ~でみんな健康に
【後生川礼子 氏】
わたしのうつ闘病記
歴史・文化
【又吉直樹 氏】
又吉流読書のすゝめ
【白駒妃登美 氏】
日本のこころ
【夏井いつき 氏】
5分で作れる。みんなで俳句 チャレンジ!
スポーツ
【為末大 氏】
自分を知り、見方を変える
【立浪和義 氏】
私の野球人生「努力と負けん気」
【臼井博文 氏】
金メダリストから学ぶ プラス思考の作り方
国際
【藤原ひろのぶ 氏】
ボクらの「豊かさ」をみなおす
【安田菜津紀 氏】
分かち合う そして伝える
【白倉正子 氏】
トイレ研究家が語る「トイレの世界」
社会・地域づくり
【高橋博之 氏】
世直しは食直し
【門田隆将 氏】
新聞・雑誌・ジャーナリズムの舞台裏
【榎木孝明 氏】
意識を変えることの大切さ
環境・農業
【木村秋則 氏】
リンゴが教えてくれたこと
【谷口たかひさ 氏】
みんなが知れば必ず変わる
【たいら由以子 氏】
土から豊かさを
教育・子育て
【七田厚 氏】
自分大好きの育て方
【坪田信貴 氏】
意志あるところに道は開ける!
【池田清彦 氏】
少しの努力で 伸びる子を育てる

なぜ小さな会社の新聞が世界中で読まれているのか

理由①
- 朝礼や通信で活用できる -

普段の生活する中では知ることがなかった話、自分では手に取らないようなジャンルの話で視野が広がります。

そこから書籍の購入やセミナー参加等、学びのきっかけにもなっています。

また、朝礼通信などのネタとしてよくご活用いただいています。
理由②
- 生き方の土台になる -

全国の講演会を取材し、感動・元気・ためになる内容のみを掲載しています。

さまざまな分野で活躍されている方の教訓や生き方、人生の話は、前向きな考え方・生き方を教えてくれます。
理由③
- 読みやすい文章と分量 -

講演会で録音した音声を文字化して、要点だけをまとめ上げて、読みやすさにとことんこだわって編集しています。

1記事5分程度で読め、全部で7~8記事です。

講師の方ともやり取りをして記事にしているので、情報も正確です。
理由③
- 読みやすい文章と分量 -

講演会で録音した音声を文字化して、要点だけをまとめ上げて、読みやすさにとことんこだわって編集しています。

1記事5分程度で読め、全部で7~8記事です。

講師の方ともやり取りをして記事にしているので、情報も正確です。

読者さまの声

子どもの目も変わります
生徒たちに伝えています。教科書の内容より、日本講演新聞の内容の方が心に残っているようです。話を心で受け止めた子は行動が変わり、目が変わります。
埼玉県 S.O様
学級通信に活用しています
教師の私にとっても学びがあるのはもちろん、生徒たちにも読んでもらいたくて、学級通信で紹介しています。この新聞を通じて、これからを生きていく子ども達に沢山の素敵な大人と出会ってもらいたいと思っています。
兵庫県 T.U様
社員研修の一環として使用
社員研修の一環として、この新聞を全国の支店や全営業所に送っています。
福井県 T.T様
考え方や生き方を教えてくれる
貴紙はいつも、世相に流されがちな自分に大切なこと、考え方、生き方を教えてくれます。
東京都 Y.H様
社員研修の一環として使用
社員研修の一環として、この新聞を全国の支店や全営業所に送っています。
福井県 T.T様
視野が広がります
AIが私の傾向を読み取り、同じような情報としか出会いにくい今、自分の情報の枠を超えた世界を教えてくれます。                                   広島県 Y.H様
仕事・私生活で参考になる
自分とは全く別の世界で活躍している方の声を聞くことができるツールで、仕事、私生活において大変参考になります。読んで人生が豊かになりました。
福岡県 Y.T様
この紙一枚に分かりやすく書かれている
沢山の良き本もあります。しかも、この紙一枚に、「生き方や、昨今のこと」がわかりやすく書かれていて、現代だからこそ読むべき新聞です。
愛知県 A.Y様
学ぶ姿勢の大切さを痛感します
人生、いくつになっても学ぶ姿勢が大切だという事を、記事を読ませていただいて痛感します。
北海道 K.U様
この紙一枚に分かりやすく書かれている
沢山の良き本もあります。しかも、この紙一枚に、「生き方や、昨今のこと」がわかりやすく書かれていて、現代だからこそ読むべき新聞です。
愛知県 A.Y様

ウェブでも読めます

購読料のご案内(月4回発行)

紙版
毎週ポストに届くのが楽しみになります。ご家族とも共有し、話に花が咲きます。

月額1,300円(税込み)

Web+紙版 
普段は紙で読み、読み返したい時に検索機能もあるウェブ版はオススメです。

月額1,650円(税込み)
Web版
スマホでの読みやすいテキスト記事と紙面レイアウトのまま読めるPDFでお楽しみいただけます。
月額1,100円(税込み)
Web版
スマホでの読みやすいテキスト記事と紙面レイアウトのまま読めるPDFでお楽しみいただけます。
月額1,100円(税込み)

Voicy始めました

おかげ様で30年目

  • 会 社 名:株式会社宮崎中央新聞社
  • 代 表 者:水谷謹人
  • 本社所在地:宮崎市田吉6207-3
  • 営 業 時 間:平日 9 時 ~ 17時 
  • T E L  :0985-53-2600
  • F A X  :0985-53-5800
  • M A I  L  :info@miya-chu.jp
スタッフ14名、特派員は全国各地に12名で、良い情報集め・取材・編集・発行をしています。

読者さまの声

世の中、捨てたもんじゃない!

いつも楽しい話題を届けて下さいましてありがとうございます。
この国の中での人の生き方を知らされて感心するやらビックリするやら、世の中まだまだ捨てたもんじゃないですネ。
これからも宜しく!
広島県 A.Y様

人々に勇気を与えるもの!

この間世界の指導者には節度から外れるような言動が目立ち、またその風潮を受け入れる民意があるように思いますが、このような中で、本紙が示す姿勢は人々に勇気を与えるものと思います!
宮崎県 会社経営 M.M様

明るい会話も増えました!

購読してから、もっとたくさんの方に読んでほしいと思い、サロン内で読んでいただけるようにしております。
お客様との明るい会話も増えました。
これからも楽しみにしております。
鹿児島県 サロン経営 K様

気づいたら愚痴を言わなくなりました

仕事で嫌なことがある日は、家に帰って家族に愚痴をこぼしていました。
ですが、日本講演新聞を読むようになって、自然とネガティブな感情がでなくなりました。
きっと良い情報に触れ、心の栄養もらっているからだと思います。
兵庫県 会社員 K様

子どもたちの目が違います!

教科書を使わない自主教材で道徳の授業をよくします。
そのネタ元に日本講演新聞を使っています。
自分が心揺さぶられた記事で授業をすると、生徒たちにも伝わります。
ウェブ版は検索機能があるので、キーワード検索をして、その関連記事から選んでいます。
京都府 小学教諭 U様

人々に勇気を与えるもの!

この間世界の指導者には節度から外れるような言動が目立ち、またその風潮を受け入れる民意があるように思いますが、このような中で、本紙が示す姿勢は人々に勇気を与えるものと思います!
宮崎県 会社経営 M.M様

掲載講師の声

想いが一緒だった!
Youtube講演家 
鴨頭嘉人氏

僕は世の中に良い情報をまき散らそうと思って今までやってきました。
そんな時に水谷編集長と出会ったんです。
「世の中はネガティブな情報が多すぎる。世の中の人の心が明るくなるような新聞を創りたいと28年間やってきた」という話を聞いて僕は涙が出ました。全く同じ想いだった!


こういう新聞を待っていました!
静岡大学大学院教授/SHIEN(支援)学会会長 
舘岡 康雄氏
新聞の本来の目的は、人々に高い見識を持たせて、明るい気持ちもで生きていける情報を発信するものです。
日本講演新聞はまさに、人と人とがお互いに繋がって力を引き出しあっていく社会を創っています。
こういう新聞が21世紀を変えていける新聞です。
歴史に名を残す新聞です!
新宿調理師専門学校学校長 
上神田梅雄氏

「一隅を照らす」のように有名・有名じゃないに関わらず、強い想いを持った方々を取り上げている新聞です。
私が掲載されると多くの方に「載ってましたね!」と声を掛けてもらいました。
情熱がなければとても29年も続けられるもんではありません!
感動の記事しか載っていない、素敵な新聞です
(一社)やまとの智恵実践協会代表理事 
やまとしぐさ伝承学師範
大和躾伝承学師 辻中 公

私はWeb版を購読しています。
Web版の良いところは、コラム別になった過去の記事が読めること。
ただし、電車の中で読むときには突然の涙にご注意くださいね。
心の中に温かい思いが沸き上がる!
一般社団法人『開華』GPE
村松 大輔氏
世の中にこの新聞がどんどん広がっていくことで、人々の心の中に温かい想いが湧き上がり、日本がよくなっていく。その周波数が広がることで日本が、そして世界がより良くなっていく。
そのようなものを毎週ありがとうございます。
こういう新聞を待っていました!
静岡大学大学院教授/SHIEN(支援)学会会長 
舘岡 康雄氏
新聞の本来の目的は、人々に高い見識を持たせて、明るい気持ちもで生きていける情報を発信するものです。
日本講演新聞はまさに、人と人とがお互いに繋がって力を引き出しあっていく社会を創っています。
こういう新聞が21世紀を変えていける新聞です。

鴨チューブでも紹介されました

反響のあった記事の朗読をしています

「読む」だけでなく
   「使える」新聞に。

経営者・教師・会社員・主婦・学生など、
多様な読者層を持つ日本講演新聞。

全国の皆様が
いろいろなかたちで
本紙を活用してくださっています。
実際の活用例(一例)
  • 会社・学校の朝礼のネタに
  • 学級通信等への掲載
  • 夫婦や親子で共通の話題に
  • 職場の回覧板に同封
  • ブログやSNSで発信
  • 移動中の読書に